ホームページ開設までの流れ

2019年1月12日

さくらインターネットでこのホームページを開設しました。手順をメモに
残します。

・契約
  さくらのVPS(685円/月)
  さくらのレンタルサーバ > メールボックス(1,029円/年)
  さくらのドメイン(1,852円/年)
  ※別途、初期費用が必要なものもあり

・手順(概略)
  1.さくらインターネットの会員を取得
  (電話番号、クレジットカード情報が必要)
  2.さくらのVPSの設定
  3.さくらのドメイン取得
  4.さくらのレンタルサーバ > メールボックスの設定
  5.ネームサーバの設定
  6.WordPressでホームページを作成
 ※ドメイン取得を先にした方が楽だったかもしれない・・・

・手順(インデックス、注意)
 1.割愛

 2.「ネコでもわかる!さくらのVPS講座」に従い設定
  ・ミスした場合、OSの再インストールが可能
   コントロールパネルから該当サーバを選択
   各種設定 > OSインストール (centos7を選択)
  ・var/www/htmlの所有者:グループをapache:apacheにした方がよい
   これでないとWordPressのプラグインを画面からインストールできない
  ・sshのポートを変更するためにはローカル側のファイアウォールも
   正しく設定する必要がある(しない場合、VPSに届かない)
  ・sshのセキュリティー設定は別途実施
   鍵認証の設定、パスワードログイン不可設定
   systemctl restart sshd.service
  ・無料SSL証明書
   私の場合、途中でエラーが発生した。
   「Please add a virtual host for port 80.」
   Let’s Encryptのインストールができない。…   
   ・・・ServerAdminはメールアドレスを設定します。
 3.割愛

 4.「メール設定【メールボックス・ライト・スタンダード・プレミア…
  に従い設定
  ・独自ドメインを設定した時からメールを使用できる
   →これはネームサーバの設定も同時にしてるためらしい

 5.「ウェブとメールを別々のサーバで運営したい?それ、ゾーン設定…
  で設定の意味を理解
  ・エントリ名:「@」はサブドメインを使用しない場合のもの
    http://ipersgrow.com   ・・・エントリ名に「@」
    http://www.ipersgrow.com ・・・エントリ名に「www」
  ・種別:A
    VPSのIPアドレスを設定
  ・種別:MX
    ドメインの後に「.」を設定する意味、ドメインの前に「10 」を
    設定する意味を理解しないと設定は難しい

  「さくらのサポート情報 > ドメイン > ゾーン情報の変更」に従い設定
  ・変更を行った後、データ送信をしないと反映しないので注意
  ・「A」「MX」の設定が必要。理由はメールボックス設定時の
   ネームサーバ自動設定を設定しなおす必要があるためらしい
   (VPSとメールボックスで構築する場合)

 6.「ドットインストール > WordPress入門 (全23回) 」で使用方法を理解
  ・プラグインは別途、ググってください。
   必要そうなもの 今のところ・・・
   「All In One SEO Pack」「Contact Form 7」「WP-Mail-SMTP」


最後に、ここのサービスの方が「いいよ」とか言った情報があれば、情報
共有お願いします。